top of page

寒暖差の自律神経の乱れ


こんにちは、たく整骨院です😊




4月もあと1週間ですが、日によって寒暖差が激しく体調を崩している方も多いとお聞きしました🙇



季節の変わり目は自律神経が乱れやすい為、頭痛やめまいなども出やすいのです💦


昔から「季節の変わり目にはめまいがする」「天気が崩れる前には頭痛がする」など、気象の変化によって持病が悪化することを「気象病」と呼んでいます。その中でも、うつや不安といった気分障害にまつわるものを、佐藤先生は「天気痛」と名づけ、研究しています。天気痛は、天候が変わりやすい春や低気圧が続く梅雨、台風の多い秋などに要注意です。

春は日々の寒暖差や、低気圧と高気圧が頻繁に入れ替わる気圧変動が大きい季節です。寒暖差に対応するため自律神経の一つである交感神経優位が続くと、エネルギー消費が増え、疲れやだるさを感じやすくなります。自律神経には、体を活動的にする交感神経とリラックスさせる副交感神経があり、2つがバランスをとりながら、心臓や腸、胃、血管などの臓器の働きを司っています。この自律神経、自分の意思ではコントロールできず、ちょっとしたストレスでもバランスが乱れてしまいます。




✨自律神経の乱れに効くツボ✨


自律神経の乱れに効くのが、手首にある「内関」のツボです。内関はもともと、乗り物酔いや自律神経の乱れに効くツボ。ふらつきやめまいなどの症状が現れそうなときに刺激すると、症状が収まります。


両手首の内側にあるしわの真ん中から、ひじ方向に指3本分下がったあたりに、響くような感覚があれば、そこが内関です。左右の腕にありますが、特に痛さやだるさの感じるほうを主に刺激します。ツボは押しっぱなしだと、体が刺激に慣れてしまうので、こまめに押すようにしてください。つまようじの根元を使ってツンツンという刺激を繰り返す方法もよいでしょう。






1日の空いた時間に少しでもこのようなツボ押しで自律神経を整えることをしてみるのはいかがでしょうか🙏




当院でも自律神経を整えるための施術を行っておりますので症状の強い方はご連絡ください🙇‍♂️

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page