top of page

サッカーに多い怪我ベスト3


サッカーをしている方に多い怪我ベスト3‼️



小学生から社会人までサッカー人口はスポーツの中でも1.2を争うほど多いですよね😳





サッカーは接触プレーや瞬発的な動きの多いスピードなので怪我はつきものです💦



その中でもサッカーをしていて多い怪我ベスト3をご紹介いたします🙏





○3位 肉離れ

肉離れとは筋肉が急激に収縮する場面で多く見られる怪我です。

サッカー選手はダッシュをしたり、ジャンプやキックを繰り返すスポーツです。

その際に、筋肉の伸び縮みに筋肉が上手く対応できなくて筋肉を損傷、断裂するのが肉離れです。特にふくらはぎや太ももに多いです。








○2位 打撲

打撲とは外力により筋肉が圧迫されることで起こる損傷です。

転倒した際地面と自分の体重で筋肉が圧迫されたり、相手選手の膝や肘などが入り圧迫されても起こります。

軽い打撲だと軽く見ている方も多いですが、適切な処置をしなければなかなか痛みがひかなかったり骨化性筋炎という重篤な症状に陥ったりすることもあるので適切な治療を早期に行う必要があります。








○1位 捻挫

接触プレーが多いサッカーでは捻挫はつきものです。

タックルされてバランスを崩したり、ボールや足が引っかかり転倒するなどした時に、関節を捻ることで人体を損傷してしまうのが捻挫です。

程度にもよりますが、炎症を痛めてからはやく引かせるためアイシングや固定、超音波療法などで適切に処置し、痛みが引いてからはできるだけ早い段階からリハビリすることで、短い期間で競技復帰できる状態を作ります。








このようにサッカーでは急性的な怪我が非常に多いです🥹



これらの怪我だけではありませんが、このような怪我をしたら我慢するのではなく出来るだけ早くに応急処置をし適切な施術をすることで、治療期間を短く済ませることができます






当院は当日予約も受け付けておりますので、怪我をしてしまったらできるだけ早くご連絡ください


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【たく整骨院よりお知らせ】 私用により以下の2日間を休診致します🙇‍♂️ 1月28日(土) 1月30日(月) 1月31日(火)からは通常営業致します。 よろしくお願いいたします🙏

bottom of page